ボロミーのいろいろ

子持ちアラフォーが飼い始めたハリネズミのこと、日ごろ疑問に思うこと、子育てのこと、家計のことなどをつづります

新学期スタート!ちょっと過保護かな?子供の友達関係のこと

いよいよ4月、新生活も始まり、学生さんなら学校に行き始めて少し経ちますよね。

 

そこで気になるのが子供の友達関係。

「お友達はできたのかな?」「いじめられていないかな?」などとっても気になっている方が多いと思います。もちろん私もその一人です。

 

 

f:id:boromie:20170413131926j:plain

 

 

親は子供の友達関係に口出ししてはだめ?

 

子供の友達関係はめちゃくちゃ気になります。

上の子のときには(下の子もそうですが)、休み時間どうやって過ごしているのか、一人ぼっちでポツンとしていないかなどが気になっていて、ほかのクラスの仲良しの友達のところに行っていようもんなら「自分のクラスで仲のいい子を見つけて遊ばないと!」など余計なアドバイスもしてました。

 

今、長女は5年生、次女は2年生ですが、親が心配しすぎたり、余計な指示をすることで、トラブルがあったときに自分で対応できなくなってしまいます。

 

子供の友達であって、私の友達ではないんですよね。

 

親が根掘り葉掘り聞きだそうとすると、肝心なことを言わなくなってきます。それでは本末転倒なんだと気づきました。

 

 

子供がトラブルに巻き込まれたら

 

何かあれば小さなことで気づきにくいかもしれませんが、子供はSOSを発します。だからよく子供を見ていることが大切なんですが。

 

わかりやすい子供だと、元気があからさまになかったり、体調不良を訴えたり、学校に行きたくないというSOS信号を発してくれますね。

 

うちの長女は、学校に行く前になると「おなかが痛くなる」タイプです。

 

子供の世界のいじめや意地悪は陰湿なことも多いですが、子供が自分からSOSを発するまでは一緒に不安になったりせず、ドンと構えているほうがいいように思います。

 

「あなたにはちゃんと安全な壁があるんだよ」と。

 

長女次女ともに進級し、それぞれにお友達とのトラブルを抱えています。

長女は私が口を出しすぎたせいで、相手に意地悪をされたときの対処の仕方がわからず、「ママの指示」のもと動こうとします。

 

今更感はあるかもしれませんが、最近は自分で考えさせるようにしています。もちろん聞かれれば、「こういうのもあるよ」とアドバイス程度はします。

 

 

学校の先生は頼りにならないことが多い

 

頼りになる先生ももちろんいますが、頼りにならない先生も多くいます。どういった先生が担任になるかは博打のようなものです。

 

今次女は進級によるクラス替えで、友達がいません。自分から話しかけるというのが内弁慶なためできず、休み時間は教室で自由帳に絵を描いて一人で過ごしているそうです。

 

めっちゃ胸がいたい・・・(泣)

 

例えばこれを先生に相談したとき、先生はどう動いてくれるでしょうか?

 

最悪なのが他の女の子たちに「〇〇さんも入れてあげて」という言葉です。どこが最悪なのかというと「入れてあげて」ということで、子供のプライドを傷つけているんです。

 

 

友達関係のトラブルは子供の成長に欠かせない

 

親の立場からすると心配な友達とのトラブルも、人間関係を学ぶ大切なことだと思います。学校でつらいことがあっても、お家でお母さんが大きく受け止めてくれる安心感があれば、子供でも乗り越えられることはたくさんあります。

 

人間関係のトラブルはこれから中学校、高校、大学に進学しても付きまといますし、社会人になってからもそうですよね。

 

自分で乗り越えられるように、干渉したくなる気持ちをぐっと抑えて、あたたかく見守ってあげるのがよさそうです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサードリンク