ボロミーのいろいろ

子持ちアラフォーが飼い始めたハリネズミのこと、日ごろ疑問に思うこと、子育てのこと、家計のことなどをつづります

そろそろ本格的にダニのシーズン!布団のお手入れ方法2つ

f:id:boromie:20170607120213j:plain

 

我が家にはありがたいことにダニアレルギーの人間はいませんが、アレルギーっていつ発症するかわからないので、気を付けるに越したことはありません。

 

ちなみに私はイネ科の花粉症なので、他のアレルギーを引き起こす可能性も高いんですよね。

 

父からの遺伝のアレルギー体質です。

 

ダニに関してはペットとしてハリネズミのシナモンを迎え入れた時から特に意識するようになりました。

 

そこでダニが多いといわれているお布団のお手入れ方法を調べてみました。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

布団のダニは約32万匹!

なんとお布団には32万匹ものダニがいるそうです。

 

目には見えないほど小さいですが、もし見えていたら気持ち悪いですよね。

 

一般家庭で見られるダニは5種類ほどで、中でも多いのがヒョウダニです。

 

ヒョウダニのエサはフケや垢などということもあって、お布団は最高の棲み処なんです。そして高温多湿が大好き。

 

 

 

 

布団のダニを駆除しよう

以前テレビでダニ駆除の実験をしていましたが、ダニって洗濯機で洗っても日光消毒しても駆除できないんです。

 

だから天気の良い日にお布団を干しても効果がなく、熱の届きにくい内側に移動するだけなんです。

 

ダニは50度以上で駆除することができるので、布団乾燥機やアイロンがおすすめ。

 

こういった理由から、まくらなどは乾燥機を使うのも良いですよ。

 

ダニは暗いところでお布団の表面での活動が活発になるので、薄暗い部屋で作業するとより多くのダニを駆除できます。

 

アイロンを使う場合は、カバーが傷まないようにしっかり当て布をして、5秒ほど同じ位置にアイロンを当てます。

 

布団乾燥機やアイロンでダニをやっつけたら、掃除機を使って吸い取りましょう。ゆっくりと縦横両方向にかけるのがポイントですよ。

 

 

ダニを繁殖させないためにやること

ダニは1日に1~3個の卵を産みます。約2週間で成虫になります。寿命は短く2~3か月程度です。

 

ダニの繁殖を防ぐには、ダニの好きな環境にしないことです。

 

ダニが好きなのは高温多湿。

気温が20~30度で湿度は60~80%が心地よいと感じる環境です。

 

湿気をこもらせない

お布団から出てすぐに畳んだり、ベッドメイキングをする几帳面な方も多いと思いますが、お布団から出てすぐは熱や湿気がこもっているので、おすすめできません。

 

掛け布団をめくり通気性を良くして、しばらくたってから畳んだりベッドメイキングしましょう。

 

換気をする

お天気が悪い日に窓を開けて換気をするのは湿気を呼び込むので逆効果ですが、お天気が良くて湿度の低い日は、窓を開けて換気をしましょう。

 

 

次に買い替えるならこの布団

布団の生地によってダニが住みやすいものと住みにくいものがあります。ダニの繁殖を防ぐなら断然ダニが住みにくい布団を選びましょう。

 

おすすめは羊毛や羽毛のお布団

 

これらは殺菌処理や熱処理がすでにされているので中でダニが発生しません。しかも布団の中にダニが外から入りにくいので、ダニがいたとしても布団の表面だけです。

 

羊毛や羽毛のお布団はお値段もちょっと高めですが、ダニ対策はばっちりですよ。

 

我が家ではハリネズミのシナモンからダニが広がっていかないように、シナモンのダニ予防もがんばっています。

 

around40boromie.hatenablog.com

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク