ボロミーのいろいろ

子持ちアラフォーが飼い始めたハリネズミのこと、日ごろ疑問に思うこと、子育てのこと、家計のことなどをつづります

6月は「めまい」の季節って知ってました?

f:id:boromie:20170608125231j:plain

 

「めまい」って経験ありますか?

 

めまいにもいろんな種類があるようですが、このめまいに6年前から悩まされているんです。めまいの原因を自分で考えてみたら、毎年6月に起こっていることに気づきました。

 

調べてみると6月はめまいを訴える方、結構多いようなんです。

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

6月にめまいが起こる理由

6月はめまいを始め、頭痛など体調不良を訴える方が増えるようです。

 

その理由は気圧が関係しています。

 

6月は梅雨の季節ですから気圧が低くなります。気圧は脳の血管の収縮などを誘発する要因となるのでめまいや頭痛、吐き気などが起こりやすくなります。

 

 

めまいの種類

めまいは大きく2つに分けられ、ぐるぐると回るような回転性めまいとふわふわするような浮動性めまいです。

 

めまいがすると「脳梗塞かも!」なんて怖くなってしまいますが、めまいの原因のほとんどは耳にあります。もちろん脳に原因がある場合や首に原因がある場合もあるので、自己判断は危険です

 

良性発作性頭位めまい症

女子サッカー選手の澤さんも発症したことで知っている方も多いめまいですね。

頭を動かしたことで激しい回転性めまいがし、吐き気を伴うことも多いです。

 

症状は数十秒でおさまることがほとんどです。

 

私が受診した耳鼻科の先生曰く、めまいがする方向へわざと動かしてめまいを起こさせるようにするとだんだんとめまいがしなくなるそうです。

 

じっと寝ているよりも体を動かしたほうが早く治るようです。

 

メニエール病

完治するのが難しいといわれている難病のメニエール病

めまいだけではなく耳鳴りや難聴、吐き気も伴います。

 

この病気は内耳のリンパ液が増えて水ぶくれを起こすことが原因で起こりますが、なぜそうなるのかはまだ詳しくわかっていません。

 

前庭神経炎

片方の内耳の前庭器官に異常が起こり前触れなくめまいが起こります。

 

めまいは数日から1週間ほど続いた後、3週間ほどはふらつきが残ります。個人差はありますが半年ほどは歩くのが困難なほどのふらつきが残ることもあります。

 

前庭神経炎は耳鳴りや難聴の症状は起こりません。

 

 

きちんと受診しよう

いずれにせよ、めまいがしたら病院を受診しましょう。

病院を受診しても、自分がいずれの病気が原因でめまいが起こっているのかわからないことも多く、私もそうです。

 

総合病院1か所、耳鼻科2か所、内科1か所と受診しましたが、これといった原因は不明で、めまいの薬を処方してもらって終わりなんですが、いろいろな検査をしてもらえるのでメニエール病かどうか、自律神経に問題はないかはちゃんとわかりますよ。

 

 

周りにわかってもらえずつらい

めまいは周りの人に辛さがわかってもらえずつらいんです。

 

私の場合は、毎回同じパターンなんですが、6月のある日、朝起きたと同時に回転性のめまいと吐き気が起こり、半日ほど横になっていると回転性めまいは治ります。

 

でも回転はしないものの、頭の中がぐるぐるするというか気持ち悪い感じでふらふらし、吐き気はずっと残ります。

 

1か月ほどはぐらぐらふわふわとして吐き気も続きます。

 

特に頭を動かしたとき(料理で下を向いたとき)などに、一気に気分が悪くなるのでしんどいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク