ボロミーのいろいろ

子持ちアラフォーが飼い始めたハリネズミのこと、日ごろ疑問に思うこと、子育てのこと、家計のことなどをつづります

小学校入学までにクリアしておきたいこと~トイレ編~

f:id:boromie:20170613150915j:plain

 

小学校に入学するまでにいろいろとクリアしておきたいことはあります。

 

ある程度の平仮名やカタカナが読めること、かけること。

小学校でこれらはひとつづず習いますが、ほかにもあるんですよ。

 

それがトイレです。

実際次女も困った、小学校のトイレについて綴ります。

 

 

スポンサーリンク
 

 

 

 

小学校のトイレは和式が多い

小学校のトイレ、最近では工事をしてきれいになっている学校もありますが、まだまだ「ザ・学校のトイレ」という雰囲気のところが多いです。

 

つまり和式なんです。

 

和式の中に1つだけ洋式トイレがあったりもするようですが、メインは和式です。

 

 

子供は和式に慣れていない

次女もそうですが、和式で用を足せません。

こういったお子さん、結構多いのではないでしょうか。

 

家も洋式、デパートやショッピングモール、病院などほとんどの施設では洋式がメインですから、わざわざ和式を使う必要がありません。

 

幼稚園が和式トイレなら抵抗なく小学校のトイレも使えますが、意外と最近の幼稚園は洋式が多いんですよね。

 

 

学校でトイレに行かない

わが子の通っている小学校は公立の小学校ですが、3年ほどまでにトイレの改装を行い、1年、3年のトイレだけが洋式のきれいなトイレに生まれ変わりました。

 

今2年生の次女は「ザ・学校のトイレ」で用を足さなければいけません。

だから、学校ではトイレに行っていないんです。

 

朝7時半に自宅を出て、15時半帰宅です。

この間1度もトイレに行っていないんです。

 

だから帰宅時はお股を押さえながら帰ってきます。

 

 

トイレに行かないとどうなる?

おしっこを我慢することでいろいろな病気にかかります。

 

膀胱炎や腎盂腎炎、尿毒症、腎臓病といった腎臓に関する恐ろしい病気にかかりやすくなります。

 

おしっこは我慢すると腎臓に負担をかけてしまうからです。

 

おしっこを我慢することが習慣になると、我慢できる時間が長くなってきますが、膀胱が膨れ上がってまれに破裂するなんて恐ろしいことも起こるそうです。

 

怖いですね。

 

 

和式トイレの練習をしよう

和式トイレで用を足すとき、気を付けなければならないのが、下着やスカート、ズボンなどにおしっこがかからないようにすることです。

 

万が一かかってしまっても、保健室の先生に言えば替えの下着はもらえますし、下は体操服に着替えれば良いだけですが、子供の立場からすると恥ずかしくトラウマになることもありますよね。

 

入学前に自宅で練習をさせましょう。

 

練習をするときには洋服を下す位置、足を置く位置などを説明してあげましょう。

 

また小さな子供は便器の幅に足を開いて、洋服を下げてしゃがむのが力不足で難しいこともあるので、学校の日は女の子ならスカート、男の子ならストレッチ効果の高いズボンをはかせてあげると楽かもしれませんよ。

 

学校のトイレが苦手で家まで我慢することに慣れると、病気になってしまうのではと心配ですよね。

 

入学前に和式トイレの練習をしておくことで、子供もスムーズに学校生活が遅れるのではないかなと思います。

 

我が家は、次女に午前中に1回は頑張ってトイレに行くように言っています。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーリンク