ボロミーのいろいろ

子持ちアラフォーが飼い始めたハリネズミのこと、日ごろ疑問に思うこと、子育てのこと、家計のことなどをつづります

目の下のクマの1番の解消法は、眼輪筋を鍛えることにあり

こんばんは。

 

f:id:boromie:20170328221648j:plain

 

アラフォー女性の顔の悩みといえば、

 

・シミ

・シワ

・たるみ毛穴

・目の下のクマ

・ハリの低下

 

どれも嫌ですよね~。

 

この中でメイクでカバーするのも難しくて、年齢を+5歳上げてくれるやっかいなのが「目の下のクマ」です。

 

年齢とともに目の下の下垂も加わりますから、若い時にクマが気になっていたという方はどんどん気になってきます。

 

私は茶クマ+青クマ+黒クマの混合クマで、手の施しようもない状態なんです。

 

当然メイクでもカバーしきれず、もっぱらの悩みの種です。

 

コンシーラーでカバーしても、クマの色が透けて見えてしまい、グレーっぽくなることってありませんか?

 

あれって余計クマを目立たせてしまうんですよね。

 

またコンシーラーで刺激するのはクマを悪化させるので、本当はファンデーションだけというのが理想です。

 

コンシーラーはクマの種類によって使う色が違うなんてよく言われていますよね?

 

青クマにはオレンジ、茶クマにはイエローとか。

 

これたぶんものすっごい軽いクマの人にだけ有効だと思います。私のクマの色は、例えるならコーヒー豆。

 

まっ茶にもほどがあるほど茶色い私には、イエローだと逆にグレーになります。濃いクマほど赤みを入れてあげるほうが良いと思うので、オレンジ色のコンシーラーがおすすめです。

 

 

もう30年ほど目の下のクマと戦っている私ですが、クマの改善にはタイプ関係なく、眼輪筋を鍛えるのが有効だと気づきました。

 

どうもクマができる人は、瞬きがきちんとできていないらしく、眼輪筋を鍛えることによって瞬きがきちんとできるようにするんです。

 

筋肉は90代まで鍛えることができるので、アラフォーの私でもあと50年がんばれちゃうんです。

 

眼輪筋の鍛え方は、YouTubeなどでもいろいろな方法がアップされていますが、私がやっているのは下瞼を引き上げるというもの。

 

やり方は簡単で、真正面を向いて、まぶしい目をするだけです。まぶしい目は自然と下瞼が引き上げられるので、これを1セット10回、トイレに行ったりお風呂に入った時に実践します。

 

ツボ刺激やマッサージ、アイクリームなんかもいろいろこの30年で試しましたが、いずれも効果がなく、唯一、ほんっっの少しではありますが効果が実感できたのが眼輪筋を鍛える方法です。

 

でも効果が実感できるまで、毎日半年やり続けました。

 

コンシーラーでの負担を減らすため、普段はファンデーション+眼鏡でごまかしてます。

 

眼鏡を選ぶポイントは、眼鏡の下のフレームがクマ部分にあっているものを選ぶことです。

 

ずれているとクマをごまかす効果はありません

 

眼輪筋を鍛えつつ、眼鏡でごまかして、2年くらいでファンデーションのみでのカバーを目指してます。